あづんど村について

しあわせな生き方
その答えを求めて
長寿の里へやってきました

人間の暮らしにとって
大事なものって何でしょうか。
お金や肩書。
世の中にはキラキラしたものがたくさんあるけれど
それだけでは満たせないものがあることに
私たちは気づきはじめています。

知らず知らずのうちに忘れてしまっている
にんげん本来の豊かな暮らし。
私たちはそのヒントを探しに
長寿の里、安曇野へやってきました。

ココロが元気だから体もうまく機能する。
体が健康だから、キモチも前に進んでいく。
そんな当たり前のことを、この安曇野の自然と、
そこに暮らす人々から学んでいます。

ここからはじまる「あづんど村」プロジェクト。
コンテンツや商品はすべて、
現地での出会いから生まれていきます。

私たちが現地で体験したことや、発見したことを
そのまま全国の方にも感じとっていただきたい。
そんな想いで、できるだけ楽しく、わかりやすく
みなさまの元にお届けできればと思います。

あづんど村のメンバー

  • アートディレクター&グラフィックデザイナー轟 久志(とどろき⋅ひさし)

    長野県デザイン振興協会理事。(財)日本グラフィックデザイナー協会会員。長野美術専門学校 非常勤講師。1998年(株)エイブルデザイン入社。グラフィックデザイナーとして勤務。2004年独立し、トドロキデザインを設立。「佐久 安養寺ら~めん」、「信州西山大豆」、「須坂 みそすき丼」などの地域プロモーションなどのデザインを手掛ける。

  • 「編集室いとぐち」代表山口 美緒(やまぐち⋅みお)

    長野県小諸市生まれ。都市計画・地域景観計画を学び、長野県にある出版社に入社。2009年に書籍やパンフレットなどを制作する編集プロダクション「編集室いとぐち」を立ち上げる。信州の美しい風景や、自然に寄り添う営みが長く後世まで続いてほしいという思いのもと、その豊かさや尊さを伝える仕事に携わる。編著に『信州蕎麦ごのみ』、編集に『日本酒で愉しむ信州の二十四節気』『長野市民会館50年の記憶』ほか。

  • 「編集室いとぐち」塚田 結子(つかだ⋅ゆうこ)

    長野県長野市生まれ。九州芸術工科大学画像設計学科卒業。福岡→信楽→東京と居を変えながら、建材メーカーのデザイナー、幼児向けコンテンツの制作アシスタント、着物会社の広報を経験後、帰郷して地元の出版社に務める。結婚、出産を経て退社後しばらくは2児の母として家事育児に専念。2012年から編集室いとぐちに所属。暮らしや工芸まわりの編集、執筆を行いつつ、長野県産ワインの普及、振興に取り組む。

  • グラスホッパー平林 岳志(ひらばやし⋅たけし)

    長野県北安曇郡池田町生まれ。東京での撮影、レタッチなどの写真業務 13年を経て帰郷。2013年から現在、故郷である池田町にて自らのスタジオ『GRASSHOPPER』を開設。東京、長野県内と回遊しながら写真稼業をしています。好きなものはバイクとキャンプと犬。
    http://grasscrown-grasshopper.tumblr.com

  • RawLight Video & Design Production ⁄ NAGANO深澤 俊樹(ふかざわ⋅としき)

    10年ほど東京にて、CG、モーショングラフィックスなどの映像制作に携わり、 2012年に地元、長野県塩尻市を拠点としフリーランスとして活動。
    現在はCG、モーショングラフィックスだけではなく、スチール、ムービー撮影とマルチに映像表現の幅を広げ活動しています。
    http://rawlight-nagano.com
    Vimeo : vimeo.com/user5424515
    500px : 500px.com/toshikifukazawa
    Facebook : www.facebook.com/rawlight

  • デザインスタジオ⋅エル Webディレクターハラ ヒロシ

    長野県須坂市生まれ、現在長野市在住。学生時代を神奈川~東京で過ごし、1998年にUターンで長野市の有限会社デザインスタジオ・エルに入社。入社時よりWeb制作に取り組む。デザイン系の著書や専門誌への記事執筆・寄稿多数。近著に「もっとクイズで学ぶデザイン・レイアウトの基本(翔泳社)」。
    http://www.ultra-l.net/