知っていますか?お米ができるまで

レポーターの飯沼です

2015年、春。
安曇野へやってきたあづんど村編集部。

まずはじめに取り組んだのは、お米づくり!
地元農家さんのお力をお借りして
みなさんに美味しいお米をお届けしたいと思います。

そんなお米づくりの半年間をスタッフの飯沼が突撃取材。
安曇野からレポートいたします。

レポートその1 4月 種まき・苗づくり

カラッと晴れた4月某日。
浅川さんのところへおじゃましてきました!
さあ、いよいよお米づくりのスタートです。

この一粒から、千粒のお米が実るんです

飯沼本日はよろしくお願いします!

浅川よろしくお願いします!いい天気ですねー!

飯沼今日は種まきと苗づくりの作業ですよね。
こちらのレーンのような機械で、種まきをされてるんですか。

浅川はい。育苗箱に種を蒔きます。とにかく量が多いので、
若手3人で協力して一気に流れ作業でやっていきます。
僕のおふくろの時代は、これ全部手作業でやってましたから、
ほんとすごい根性ですよね

飯沼いや〜ほんとに。昔の農家さんには頭が下がります。
種まきで、こだわってらっしゃることはありますか?

浅川薄まきは心がけています。

飯沼薄まき、ですか?

浅川はい。種を薄くまんべんなく撒くことで、空気の通りが良くなるし、
一粒一粒の種に太陽をしっかり浴びせられます。
そうすると丈夫でガッチリした苗が育つんです。

飯沼なるほど!最初の種まきで苗の出来が決まってくるんですね。

浅川そうですね。この一粒から千粒のお米が実っていく。
そう思って、最初の種からこだわってつくってます。

相手は自然。まいにちが真剣勝負

浅川さぁ!種まきが一通り終わったので、
ハウスに移動して育苗箱を並べていきます。

飯沼ビニールハウスで苗を育てていくんですね。

浅川はい。ハウスの中で水と温度の管理を行っていきます。
赤ちゃんを育てるベッドみたいな感じでしょうか。

飯沼わー!ハウスの中…蒸し風呂みたいですね!
並べるなら私もお手伝いさせてください!(タオルをハチマキに)

浅川え!?ありがとうございます!笑

飯沼苗を育てるのも、相当経験がないと難しそうですね。

浅川さっきお伝えした、温度と水の管理
これがとっても大切なんです。温度は20度〜25度に保つよう調整して、
水もあげすぎたり乾きすぎたりしないように。

飯沼その調整って、その日の天候によって左右されますよね?

浅川はい。だから本当に毎日気が抜けません。
一回霜がかかるともうダメになっちゃったりするので。
自然相手だから容赦ないですよ。僕たちも真剣勝負で挑まないと。
先日も突然の雪で、あわててハウスにいったり。

飯沼いや〜手間がかかってます。お米も生きてる、ってことですよね。

浅川ほんとにそうです。周りのみんなに助けられながら、毎日やってます。

飯沼 浅川さん、しかし作業のときは本当にいい顔されてますね。

浅川小さい頃から、体に染み付いちゃってるんですよね。
すこし現場を離れた時期もあったんですが、
作業してる方が調子がよくって。
これはもう、農家の血なんだと思います。

飯沼これから、この苗がどんなお米になっていくのか楽しみです。
今日はありがとうございました!

浅川こちらこそ!これから半年間、よろしくおねがいします!

いいぬまメモ IINUMA MEMO

ここからはじまる今年のお米づくり。
一粒一粒に想いを込めて作業されている浅川さんの真剣な表情が印象的でした。
いや~、ハウスは暑くて、いい汗かきました!
次回は森さんの田んぼにおじゃまします。
べんきょう、べんきょう!

プロジェクトメンバー

  • 浅川 拓郎さん

    30代の若手あづみ農家。
    食者如帰(食う者帰るが如し)をモットーに、作物を通してふるさとに帰ったような安心感を届けたいと、日々奮闘中。豊かな水と有機肥料中心の土で育てたお米は5年連続モンドセレクション金賞を受賞。

  • 森 平蔵さん

    日本一の男性長寿の里、松川村にて60年間お米を栽培するベテラン農家。鈴虫が生息するほど自然豊かで、お米の生産に適した松川村。
    そんな松川村の中でも厳しい基準を満たした厳選ブランド「鈴ひかり」を栽培する。

  • だいにち堂 農業事業部飯沼 宏

    安曇野市穂高在住の、だいにち堂“新米”社員。
    いつもメモを持ち歩く勉強家。
    半年間、農家さんの田んぼにおじゃましてお米作りの様子をみなさんにお届けします!