知っていますか?お米ができるまで

レポーターの飯沼です

2015年、春。
安曇野へやってきたあづんど村編集部。

まずはじめに取り組んだのは、お米づくり!
地元農家さんのお力をお借りして
みなさんに美味しいお米をお届けしたいと思います。

そんなお米づくりの半年間をスタッフの飯沼が突撃取材。
安曇野からレポートいたします。

レポートその3 5月 5月 田植え

すっかり初夏を感じさせる5月某日。
またまた松川村の森さんを訪ねました。
いよいよ、丹精込めて育てた苗を田んぼに植えていきます。

いいものを食べてもらいたい。それだけですよ

飯沼おはようございます!今日もまたよろしくお願いします!

いらっしゃい。どうぞよろしくお願いします。

飯沼今日はいよいよ田植えですね。楽しみです。

さっそくはじめていきましょうか。
今日は他の農家さんにも手伝っていただきます。

飯沼今日は田植え機で作業ですね。立派な苗をたくさん乗っけて。
あ!一緒に肥料も撒くんですね。

ええ。肥料は油粕など有機肥料を使ってますよ。
安心、安全なお米をみなさんにお届けする。
やっぱりこれを目指してます。

飯沼そうですかぁ。
でも安全なお米って相当な手間がかかりますよね。
大変じゃないですか。

大変といえば大変ですよ。
安心、安全。よく聞く言葉ですが、基準もいろいろですし、
仰るとおりとても手間もかかります。
けど、せっかくだったら、いいものをみなさんに食べていただきたい。
ただそれだけでやってます。

飯沼さすがでございます…!

お米も人も、おんなじなんです

それからこのあたりは、お米づくりにとても適しているんです。
それが安心・安全にもつながるんだけど。
おいしいお米が育つ条件って知ってますか。

飯沼くわしく聞かせていただけますか。

一つ目がいい土。土が粘りすぎても、サラサラすぎてもだめ。
バランスよく栄養を蓄える土が砂壌土なんですけど、
松川村の土は砂壌土なんです。

二つ目がおいしい水。
「槍で別れた梓と高瀬巡り会うのは 押野崎 チョサイ コラサイ♪」
なんて唄がありますが、米作りには高瀬川のお水を使っています。
北アルプスの冷たくて豊かな水。これがおいしいお米を育てるんだね。

飯沼たしかにお水がきれいですね…!

三つ目が寒暖の差。
お米も人間と一緒でね、休ませるのが大事
信州は夜は寒くなるもんですから、稲が眠るんです。
そうすることで、日中取り込んだ栄養を、自分の中に蓄えるんですね。

飯沼稲も休みが必要かぁ。これは面白いですね。

四つ目がきれいな空気。人間だって汚い空気を吸ってたら、
体を壊しちゃいますよね。それと同じ。
きれいな空気がお米をおいしくするんだね。

飯沼いや〜。聞けば聞くほどお米づくりって、人の健康と同じですね。
しっかりやすんで、おいしい水と空気をとりこむ。

そのとおりですね。
それでね、こういういい環境だとお米がすくすく育つから、
農薬だって無理してたくさん使わなくていいんです。
さっき言っていた、安心、安全。これも松川の恵みに助けられてるんです。

飯沼すばらしい。森さん、今日もありがとうございました!

いやいや。こちらこそ、暑い中ありがとうございました。

いいぬまメモ IINUMA MEMO

松川村のすばらしい環境の中で、
お米も人ものびのび暮らしていました。
お米も人間おんなじ。当たり前だけど
普段なかなか気づきませんよね。
次回は浅川さんの田んぼにおじゃまして
稲の管理と合鴨農法をのぞきにいきますよ。

プロジェクトメンバー

  • 浅川 拓郎さん

    30代の若手あづみ農家。
    食者如帰(食う者帰るが如し)をモットーに、作物を通してふるさとに帰ったような安心感を届けたいと、日々奮闘中。豊かな水と有機肥料中心の土で育てたお米は5年連続モンドセレクション金賞を受賞。

  • 森 平蔵さん

    日本一の男性長寿の里、松川村にて60年間お米を栽培するベテラン農家。鈴虫が生息するほど自然豊かで、お米の生産に適した松川村。
    そんな松川村の中でも厳しい基準を満たした厳選ブランド「鈴ひかり」を栽培する。

  • だいにち堂 農業事業部飯沼 宏

    安曇野市穂高在住の、だいにち堂“新米”社員。
    いつもメモを持ち歩く勉強家。
    半年間、農家さんの田んぼにおじゃましてお米作りの様子をみなさんにお届けします!